バーチャルオフィスは初期費用をや固定コストを抑えて会社を運営可能

バーチャルオフィスで維持コストとイニシャルコストを削減しよう

皮の椅子

仕事は会社以外のどこでもできるという個人事業主、もしくはフリーランスの方、オフィス住所だけあれば十分というなら、バーチャルオフィスを選ぶのがおすすめです。普段の作業は自宅の作業スペースで行い、外出先や取引先での作業がメインなら大幅なコスト削減に繋がります。特にバーチャルオフィスを選ぶことによる維持コストやイニシャルコストの削減は、限られた資本を有効活用することができます。
バーチャルオフィスのメリットは、賃貸オフィスなどの物件と異なり、毎月の固定されるコストが安いとう点にあります。賃貸オフィスの場合、家賃や水道光熱費、清掃費用や管理費などがかかり、数万円から数十万円になるものの、バーチャルオフィスなら1万円以下に抑えられます。また、オフィス開設時のイニシャルコストとなる敷金や礼金などもありません。そのため、開業資金においてイニシャルコストを百万円近く食いつぶされることもなく、資金運転に安全を考慮することもできます。バーチャルオフィスは普段ほとんどオフィスにいることのないというのであれば、デメリットになることも少ないため、ギリギリまでコスト削減を検討している方にはおすすめです。また、支援サービスも充実しているため、スタッフを雇用したような効果も得ることができます。

ピックアップコンテンツ

インフォメーション

  • バーチャルオフィスで維持コストとイニシャルコストを削減しよう

    仕事は会社以外のどこでもできるという個人事業主、もしくはフリーランスの方、…

  • バーチャルオフィスの支援サービスで人件費を節約しよう

    個人事業主の方、特に起業して間もない時期は、一人で会社を切り盛りすることは…