バーチャルオフィスは初期費用をや固定コストを抑えて会社を運営可能

ネットショップの開設にバーチャルオフィスを活用しよう

デスクに置かれた多肉植物

個人でネットショップの運営を検討している方、自宅住所をインターネット上に公開することを避けたいと考えると思います。ネットショップを開設する際、特定商品取引法によって事業者は住所公開を行う必要があり、自宅住所の場合はトラブルにつながることもあります。そこでバーチャルオフィスの出番になります。バーチャルオフィスには住所貸しのサービスがあり、ネットショップの住所欄への記載が可能になります。つまり、実際の事業場所と公開される住所を切り分けることができ、トラブルを未然防止することができます。
実際のバーチャルオフィスでは、住所貸しサービスだけでなく、郵送物転送や電話転送、秘書代行などのほか経理代行サービスもあります。個人でネットショップを運営する際、本業を行いながらの対応が可能なだけでなく、返品対応などもバーチャルオフィス経由で行うことが可能です。また、電話問い合わせについても電話転送や秘書代行が利用できるため、代表番号で連絡がつかないというトラブルも防ぐことができます。バーチャルオフィスは月額数千円で利用することができるため、コストを抑えてプライベートをしっかりと守ることもできます。また、バーチャルオフィスは仮想オフィスではなく、実体のあるビルやオフィスフロアとなるため、来訪調査の問題も解決することができます。

ピックアップコンテンツ

インフォメーション

  • バーチャルオフィスで維持コストとイニシャルコストを削減しよう

    仕事は会社以外のどこでもできるという個人事業主、もしくはフリーランスの方、…

  • バーチャルオフィスの支援サービスで人件費を節約しよう

    個人事業主の方、特に起業して間もない時期は、一人で会社を切り盛りすることは…