バーチャルオフィスは初期費用をや固定コストを抑えて会社を運営可能

バーチャルオフィスの支援サービスで人件費を節約しよう

オフィス街

個人事業主の方、特に起業して間もない時期は、一人で会社を切り盛りすることは少なくはありません。コア業務だけでなく、事務作業や雑務まで行う必要があり、事務や庶務を行ってくれるスタッフを採用したいものの、人件費を賄う余裕がないこともあります。そこでバーチャルオフィスを利用して、各種支援サービスを活用しましょう。
バーチャルオフィスは住所貸しのサービスだけでなく、オフィス運営にかかるコストを抑え、業務負荷を軽減することができます。バーチャルオフィスでは、電話や受付応対、秘書代行や経理代行、郵送物の転送サービスなどがあります。これらのサービスを含めても月額2万円ほどで済むことも多く、スタッフを1名雇用し給与を支払うより、圧倒的にコストを抑えることができます。また、業務量に応じた従量制のサービスもあるため、アルバイトやパートのように仕事がない場合に、無駄な人件費を負担し続けるということもありません。さらにこれらの支援サービスを対応するスタッフのレベルも高く、自社雇用でスタッフを教育し、レベルアップを行うというようなこともありません。つまり、即戦力を直ぐに確保することができ、個人事業主の方の負担を直ぐに解決することができます。自宅で活動するフリーランスの方で、事務作業で手一杯になっているならバーチャルオフィスを利用してみましょう。

ピックアップコンテンツ

インフォメーション

  • バーチャルオフィスで維持コストとイニシャルコストを削減しよう

    仕事は会社以外のどこでもできるという個人事業主、もしくはフリーランスの方、…

  • バーチャルオフィスの支援サービスで人件費を節約しよう

    個人事業主の方、特に起業して間もない時期は、一人で会社を切り盛りすることは…